どんと焼き

前々日に初雪の降る寒い日が続く先週と打って変わって、絶好の好天となった日曜日(1月13日)の午後3時から、「どんと焼き」が始まりました。

餅を枯れ枝に差して待機する子ども約30名を含む100人近くが、普段では目にすることのできない大きな炎を取り囲んで、 川沿いの田の中で、餅を火にかざすタイミングを待ち続けてきました。

消防隊の皆さんの手際のよい火の取り扱いと、万全の防火体制の元、新年の楽しい一時を過すことができました。

(江端)

btr

btr

btr

btr

btr

Follow me!