1.広袴会館(以下、「会館」という)を使用できる方

会館を使用することのできる方は、町内会会員とその家族またはその同居者とします。ただし、広時会館管理運営委員会(以下、「運営委員会」という)の委員長が承認した場合はこの限りではありません。

2.使用時間

(1)使用時間は、次の区分によります。必要に応じて継続しての使用を認めます。

午前 午前8時から12時

午後 午後1時から5時

夜間 午後6時から10時

終日 午前8時から午後10時

(2)町内会役員の会議、町内会会員間の懇親会等の場合で、近隣に迷惑のかからない範囲に限り、使用時間の延長を認めます。

3.使用申込手続き

(1)使用日の2日前までに、会館事務所に備え付けの所定申込書に必要事項を記入の上、会館内事務所へ使用料を添えて提出してください。

(2)申込受付は、毎週日曜日の午前9時から10時までの間です。

それ以外の時間は受付できません。

(3)年末・年始の申込受付は、12月30日から1月3日の間の日曜日はお休みとします。

(4)受付は、受付当番の町内会委員(以下、「当番委員」という)が申込書に承認印を押し、承認書(兼領収書)を申込者へお戻しし、会館入日の鍵を貸し出します。

(5)定期的にご使用される場合、または一定期間連続してご使用される場合は、運営委員会で諾否を決定します。

(6)やむを得ず緊急に使用される場合は、当番委員の判断で、使用を許可することがあります。

4.使用順位

原則として申込受付順としますが、以下の場合に限り優先使用となります。

(1)災書等の非常時の場合

(2)葬儀の場合

(3)選挙の投票会場の場合

(4)町内会の会議およびそれに係わる付事等で使用する場合

5.使用者の義務

(1)使用後、消灯、備品の整理、清掃、火気の点検、戸締り等を行い、使用前の状況に戻しておくこと。

(2)退館時には施錠後、必ず「会場使用チェック表と鍵をポストに投函してください。

(3)火災、盗難およびその他事故発生等の防止に留意すること。

(4)悪臭、騒音等を発して近隣に迷惑をかけないこと。

(5)会館の建造物、附属物または備品を壊したり汚したりしないこと。

(6)公序良俗を害しないこと。

6.使用者責任と賠償責任

(1)申込書に記載された責任者が使用責任者となります。

(2)会館施設や備品等を壊したり汚したりした時は、使用責任者が原状回復に要する費用を負担しなければなりません。

7.使用料

(1)運営委員会が別に定める「会館使用料金表」によります。

(2)使用料の金額は、運営委員会の議決で変更されることがあります。

(3)運営委員会が認めた以下の組織、団体については、使用料を免除します。

・町内会委員会、部会およびその行事・作業

・町内会各組、各班の会議および懇親会

・町内会活動にかかわる各種行事の打ち合わせおよび作業

・広楽会役員会、その所属サークル活動

・子ども会役員会および各種行事

・JA(町田市農協)広袴支部およびJA女性部の主催する会議と活動

・消防後援会の主催する会議と活動

・「せせらぎを守る会」の会議等

・フレッシュタウン鶴川自治会の役員会および主催行事

8.規則の発効

この規則は、平成17年9月11日から施行し、同日から発効します。

この規則は、平成24年4月29日に改定し、同日から発効します。